日々思うこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりに映画を見ました。

<<   作成日時 : 2008/02/04 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「スウィーニー・トッド」「母べえ」の二本を岸和田カンカンで見ました。ゆったりした席なので気持ちよく映画を見ることが出来ました。職場の人が「スウィーニー・トッド」はおもしろく良かったよなんて推薦したものだから見たのだけれど、ぼくともう一人の連れあいは、いまいちの感想でした。真っ赤な血がどぎつくまだかまだかとおもうほど見せられ、なんとも後味の悪い感じを受けました。でも、ミュージカル仕立てでなんとなく「ほっと」したのですが、あまりぼくの心には響きませんでした。
それに比べて、やっぱり「母べえ」は期待していた以上に僕は感動しました。見て良かった。不合理な時代に人生を翻弄され、個人の希望や夢が国家のためにつぶされていた時代が今の時代のありようとダブって見えました。山田監督の戦争を体験したものとしてどうしても私たちに伝えたいという思いが、「母べえ」の家族を通して伝わってきたように思います。
画像

画像
「きゅっとあなた方を抱きしめかったろうに」 自分の考えに正直に生きようとしたために獄中に入らなければならなかった「父べえ」の娘たちへの思い、思春期に入った娘に対する細やかな愛情… 現在に至って年老いた「母べえ」の子や孫との最後の死の場面で「死んでからなんて、父べえに会いたくない。生きているうちに会いたかった。」という言葉に、モノもいえなかった時代と戦争への強い怒りをぼくは感じました。そして、浅野さん演じる「山さん」になんとなく親近感をおぼえました。あんな優しい方まで戦争に行かなければならない国ってなんだろうと思いました。一年に一度こういう映画を見るとまた、少しがんばれそうです。いや心が豊かになったようにそして、ほんの少し優しくなれそうです。見に行って良かった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりに映画を見ました。 日々思うこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる