日々思うこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「英語活動」について1

<<   作成日時 : 2010/01/07 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もうすぐ小学校に「英語活動」が導入されます(2011年度から)。僕の勤務している学校は「文科省」の指定を4年続けて受け入れている学校です。そもそも「英語活動」は子どもたちにとってどういう意味があるのかという職員間の議論がほとんどなされず、校長の一存…「上意下達」で進められてきたように思います。
改めて「英語活動」について学び直さなくてはいけないなあと痛感しています。
画像


英語に尊敬語があるなんてはじめて知りました。「母音」「子音」の違いと日本語との違いにそして、日本人には苦手な「子音」+「子音」など、この本からいろいろ発見しました。独り立ちの「子音」  strong(suyorongu)、pink(pinku)、tent(tnto)など日本語と英語の違いとおもしろさを学ぶことが出来、改めて言葉の豊かな世界を知ることが出来ました。

「ことばの世界は人間だけに与えられたものであると同時に、ひとりひとりの人間に与えられた豊かな世界である」
同感である。

子どもたちが、ことばを文化としての人類普遍の価値あるものとして学ぶことが大切であると思いました。

また、日本語も英語も、そしてどのことばも、同等のことばで、たとえば、英語のほうが日本語より優れているとか、その逆であるとかということではない。…また、同じことばの中にあるいろいろな方言もすべて平等で、ある方言が他の方言よりも優れているというようなことも決してない。
徹底した民主主義とヒューマニズム精神に賛成!
「英語活動」で大切なことは、英語を通して「ことば」の楽しさ豊かさに気づくことではないのかなと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「英語活動」について1 日々思うこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる